コロナ禍を乗り越え、私たちが得るモノとは

2020-05-19

人づくり・学び舎の代表の浦井啓子です。

弊社の事業は人材育成を中心としており、

これまでほとんどのサービスを対面で提供しておりました。

しかし、急速に広まるコロナ感染症の予防・拡大防止のために

業務の多くをオンラインへ移行しました。

双方の事情により、オンライン化ができず延期となったものもあります。

 

今後、コロナが社会に与える影響は、第一波が落ち着いた後のことも考え、

状況を慎重に見据えていく必要があると思っております。

 

私は、今回のコロナ禍がもたらした最も大きな影響は

「価値観の変容」である、と考えています。

残念ながら、仮にコロナが落ち着いたとしても

以前と同じ状況に戻るわけではないと考えています。

新しい価値観を纏った社会が、突如として私たちの目の前に現れたのです。

新しい価値観の社会では、
これまでのルールが通用しなくなるかもしれません。

新しい価値観の社会では、
目指すゴールの意味が変わってしまうのかもしれません。

望む・望まないに関わらず、
私たちは社会を通じて意識の変化を促されている

そんな気がしてなりません。

 

多くの人が、
自分たちの「働き方」や「何のために働くのか」について
考える機会が訪れるでしょう。

これまでの私たちが目指していたもの自体を変更していくこともあるでしょう。

 

いずれにしても、私たちは今、大きな変革期にいます。

 

みんな、試行錯誤しながら
自分自身を模索していくことになるでしょう。

それは、より本質へと向かう道となっていくはずです。

 

 

弊社では

社会や、そこに生きる人々にあわせて
私たちが提供するサービスも、
今後のサービス提供の仕方も、

変化させ、進化させていきたいと思っています。

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

キャリアコンサルタント

浦井啓子

Copyright(c) 2020 富山から発信!「自分の将来を選ぶ」ための教育を考える :人づくり・学び舎 Rights Reserved.